カランメソッドとは

カランメソッドとは?

カランメソッドとは

 

カランメソッドとは、直接教授法といわれているもので、1960年代に開発された英語教授法になります。
何百カ国で採用されているメソッドで実績のある方法です。

 

先生が質問を2回繰り返し、生徒は質問を瞬時に聞き取ってカラン式の回答方法で答えるというものです。
すぐに回答するというのが特徴で、考える時間を与えない方法なので、集中力を要します。
質問に対し、きちんと答えられなければ、できるまでやり直しさせられます。
Stageが全部で12用意されていて、Stageごとに試験があります。
パスできなければ次のステージに進むことができず、読む、書く、聞く、話す、すべての能力を総合的にのばすよう構築されている英語教授法なので、イヤでも英語が身につくようになっています。

 

先生の質問に生徒が瞬時に答えるやりとりを、絶え間無く繰り返していく形式がカランメソッドであり、可能な限りの速さで喋らなければならない決まりがあります。
カランの教師は1分間に200〜400単語のスピードで話し、それはまるで早口言葉のようなスピードです。
瞬時に答えさせることで、母国語に頭の中で翻訳させることをさせません。
ネイティブの子が言語を学ぶ過程を、脅威の速さと密度で一気にやろうとするコンセプトになっています。

 

カランメソッドはオンライン英会話でも学べるのでしょうか??
専門的にレッスンしてくれるところもあるようです。
カランメソッドを学べるオンライン英会話はこちらをチェックしてみてください。