toeic 900点 英会話

TOEIC900点の秘密

toeic 900点 英会話

TOEICで900点というのはかなりの高得点ですよね。
900点ぐらいのTOEICスコアの人というのは、実際の英会話もペラペラ出来るものなのでしょうか??

 

実際のところ、TOEICで900点とれるからといって英会話がペラペラできるというわけではないみたいです。
というのも、夫がTOEIC 900点超えているのですが、英会話は全く出来ないみたいだからです・・・。
会社で受けさせられたTOEICのスコアは920点だったそうなので、かなりの高得点ですごいなぁと思ったのですが、夫曰くTOEICは英会話が出来なくても、ちょっとしたコツだけで900点ぐらいは超えられるのだそうです。
夫がつとめている会社の人たちのTOEICの平均スコアが600点ぐらいらしいので、それと比べても高得点なんですよね。
でも、実際は夫よりもTOEICのスコアが低い人でも、英会話がペラペラできる人っているそうです。
どうやら、TOEICのスコアと英会話の能力って、あんまり相関しないみたいですね。

 

TOEIC 900点のコツ

 

夫曰くTOEIC 900点をこえるためにはコツがあるそうです。
そのコツは、とにかく時間が足りないので、わからない問題はさっさと飛ばして、時間との勝負と割り切ることだそうです。
TOEICは英語のテストというよりは反射神経がとわれるリズムゲームみたいなものなんだとか。

 

例えばリスティング問題だったら、問題文が読み上げられる前に回答の写真をさっと見て、答えを予測しておき、その根拠の部分が読み上げられたら、即マーク。
マークしたら、すぐに次の問題の回答をみて、答えを予測する・・・・というようなことを、くり返していくのがコツなのだとか。
リーディングについても同様で、問題文を先に読んで回答を予測したら、その根拠の部分だけを探すように読むのがコツなのだとか。
長文問題はほとんど読まないで、根拠の部分だけを探して読むのがTOEIC900点を越すコツなのだそうです。
夫は、こういうテストだけは得意で、受験戦争も勝ち残ってきた人だから、妙に説得力があしましたね・・・。

 

>>オンライン英会話ランキングはこちら